お風呂に入って、さあ寝ましょう

11月26日はいいふろの日。


子供のころ「お風呂に入って、さあ寝ましょう」と言われた方も多いのではないでしょうか?
夕食→お風呂→パジャマでゆっくり→お布団に入る
「子供を寝かしつける」という言葉もありますが、親が子供に規則正しい生活習慣を身に着けさせていたのですね。
お風呂を生活のリズムに上手に組み込むと、体内時計が整って良い睡眠につながります。
皆さんも『お風呂→パジャマでゆっくり→お布団』で自分を寝かしつけてみませんか?
①自分が寝たいと思う時間の1時間前にお風呂に入ります。熱すぎない湯船に入ってリラックスしましょう。
②お風呂から出たら、パジャマのまま30分位ボーっとします。テレビやスマホも見ないで静かにゆっくりすることで「さあ寝ましょう」という睡眠儀式につながります。
③眠くなってきたらお布団に入ります。
できるだけ毎日、同じ時間に、①~③を繰り返すことで体内時計が整ってきます。
最近お疲れの方、お風呂に入って、さあ寝ましょう♪

関連記事

  1. 休日の朝寝坊は90分まで

  2. 睡眠時間6時間未満 40歳代が最も多い

  3. お風呂 2つの役割

PAGE TOP