ペットロス症候群

家族のように暮らしてきたペットとのお別れをきっかけに、不眠・落ち込み・疲労感・身体の痛みなどの症状が現れることをペットロス症候群と呼びます。

深い悲しみに「自分は異常なのではないか?」と悩む方もいらっしゃいます。
抱え込まずに辛い気持ちを吐き出す機会をもつことが回復につながります。
私も長年暮らしてきた愛犬が亡くなったとき、ペットと暮らしている友人に話を聞いてもらいました。
「家族だものね」「寂しいね」と共感してもらうことで心が整理されたことを覚えています。

楽しかったペットとの暮らしが幸せな思い出に変わるまでには、長い時間がかかることがあります。
ペットの存在が大きいほど心身の影響も大きくなりますので、不調が数か月続くときはメンタルクリニックへの受診もひとつの方法です。

株式会社Machiim 早川(保健師)

『SORA-IRO
Artist / Illustrator mayuhayashi


愛犬の空をイメージしたイヤリングです。
中心の空色のビーズの両隣に新しい家族になった2匹のワンコが寄り添っています。
このイヤリングをつけると「ずっと大好き ずっと一緒」という気持ちになり癒されます。

関連記事

  1. 今できることを誠実に

  2. 女性はアルコール依存になりやすい

  3. 怒りを笑いで発散!

  4. 突然 うつに ?!

PAGE TOP